日記

「日記」の有益情報をお届け!

人が好きになる。自分が変わるきっかけノート

大学職員が様々なカラーを持つ学生キャラクターと未知との遭遇した観察日記








孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】

2015年03月24日

自分で人生をつくる

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ

自分で自分なりのいい人生を築かないとね



いつも思うようにいかない
だから毎日がおもしろくない
全然、いい人生じゃないなあ・・・・
なんて思うことが多いです。



これって人間関係に疲れているってことが多いです。



要するにコミュニケーション下手



そんなんで、職場でも人と話すことが少ないから
口数が減って、どんどん孤立していくみたいな・・・



けっこう苦しいんですよこれが・・・・



周りが自分を理解してくれない・・・なんてね



あたる場所がないから、世の中のせいにしたり
本当は自分が悪いんだけど



ま、自分の姿が見えていないんだろうなあ・・・



おもしろい人生を送りたいなら
やっぱり自分から変わらないといけませんよね



これから自分の真実と向き合わねば

→ 福音書

posted at 16:34
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:自分で人生をつくる
2012年11月13日

幸福に生きるために

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



みんなは周りから認められて
幸せな人生を送りたいと思っています。



これって、人の本能的なものですよね^^



でも現実をみると
会社などの職場をはじめとして
様々な所で否定されることが多いです。



悲しいですけど、多いですよね。
そこからマイナスの感情が増幅されてしまうんですね・・・



人って、否定されるという恐怖から
周りの自分に対する言動や態度が気になって
臆病になっていきます。



そして、自分がどんな人生を送るかより
周りからどのように見られるだろうか?
ということばかりを重点を置き、気にしてしまいます。



だから、否定されたくない!
非難されたくない!という気持ちが
強くなっていくことになります。



そのような気持ちが強いため
他人に会うたびに



自分はこの人から否定されるのではないかと
びくびくと気持ちが小さくなって
自分自身も否定的になり
消極的な行動や発言になってしまいます。



それがどんどん進んでいき
やがて対人恐怖症になっていくんですね。



でも、人と接することを怖がっていては
楽しいライフワークを作っていくことはできません。



お金があればなんとかなる!
という人もいますが
いくらお金があっても
自分の気持ちを充実させないと
本当に幸せだと感じることができないんです!



お金持ちの人で
孤独感に苛まれているという話をよく聞くことがあります。



お金がたくさんあっても
心が充実しないというケースが多々あるんですね。



要するに幸せを感じずに
日々悶々と苦しみを抱えながら生きているわけです。



幸福に生きるためには
明るく自信にあふれた人に変わることが必要です。



そのために周りの人たちとのコミュニケーションというのは
本当に大事なんです。



それは人って一人では生きていけませんから
誰かの様々な人たちの助けがあって
はじめて自分自身が幸せな人生を送れると感じるんです。



もし今、自分が人と接することが苦手だと感じているなら
まずはその自分を払拭することから始めましょう♪
これを参考にして^^
⇒ 人生を明るく変える会話術






最後まで読んでくれてありがとうございます♪


ではでは
posted at 19:04
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:幸福に生きるために
2012年08月28日

本を読む理由

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



僕はけっこう本を読みます。



出張した時の新幹線での移動中だったり
昼休みや待ち時間があったときなど



読んでいる本の多くは
自己啓発書だったり
成功法則本だったりします。



ま、たまに小説も読んだりしますが(笑)



こんな感じで自分は読書家であるように書いてありますが
でも、正直なことを言うと
本を読むことはあまり好きではありません^^;



だから本を開くことに躊躇してしまうことが
けっこうあったりします(笑)



なぜかと言うと
やっぱり活字という同じ形態のものを
ずっと目で追っていくという行為に
あまり面白さを感じないからかもしれません^^;



それに以前はマンガばかり読んでいて
活字を読むと眠くなったりしてましたから(笑)



でも、現在、何で本を読んでいるのかと
尋ねられるとそれは



人生おいての成功者になりたいと
思ったいるからです。



僕の言う人生においての成功者というのは単純です。
楽しく幸せなライフワークを築くためです。



それは、自由になるお金を稼いだり
自由な時間を得て
幸せに楽しく過ごしたいからです。



人生においての成功とは
人それぞれ考えかたや捉えかたがあると思いますが
僕は、僕なりのライフワークを築きたいと思っています。



それがなぜ、本を読むこと?
と思っていますか?



僕は本を読むことで
僕が目指すライフワークの実現は
成功した人の経験、失敗、考えを知ることが
近道だと思っているからです。



本を読めば自分の目標達成への近道が書いてあるのに
本を開く時間を惜しんで、わざわざ遠回りするのは
時間がもったいないですし



何もないところから
成功へのノウハウやプロセスをつくるのは
時間がかかりすぎるので



本を読むことで
成功者の知識をもとに導き出す方が
時間も労力も少なくて済むからなんです。



本や教材(マニュアル)というのは
作者の失敗、経験から作られたもので



それが自分の目標と同じプロセスを辿るなら
時間の短縮になりますでしょ?(笑)



最後まで読んでくれてありがとうございます♪


posted at 19:21
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:本を読む理由
2012年03月14日

気持ちを切り換える


応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04



落ち込むような出来事が
数回続くことがあったら注意が必要です。



それは潜在意識が
落ち込む要素を見つけようとしているんです。



ネガティブになっている場合
続けて負の現象に巻き込まれていきます。



いわゆる負のスパイラルですね。



ネガティブがネガティブを呼び
心はどんどん負の領域へ落ちていってしまいます。



寝坊してしまった。
遅刻してしまったらどうしよう。
車で事故を起こしたら・・・
スピード違反で捕まるかもしれない。



焦りが苛立ちを生み
その苛立ちをなくそうとして
更にイライラしてしまう。



心の中がイライラしていると
次から次へとイライラを連れてきてしまいます。



だからネガティブなことが起きたときは
それを引きずらないこと
続けないこと、こだわらないこと。



気持ちを切り換える訓練が必要ですね。
⇒ http://haoserapi.seesaa.net/



ではでは。



タグ:苛立ち
posted at 20:22
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:気持ちを切り換える
2012年03月07日

心のスクリーンに映されるものは

応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04




こんにちは。



変な表現になりますが
現実は幻想みたいなものです。



脳機能学に関する本を読む
なんとなく理解できるのですが



あなたの目の前にある現実は
あなたの脳によって作り出されたものなのです。



自分が思い描いたものを
どんどん組み合わせることで



自分が主人公の物語や
その周りの景色を作っているんです。



要するに、今までの体験の中で
いろいろなものを見て
いろいろなものを感じて



その中から自分で選んだものを
自分の心のスクリーンに投影しているわけです。



それが「現実」として
心のスクリーンに映し出されています。



こんなこともあります。



例えば、このブログを読んでいたときでも
急にあるドラマの役者のことが
気になってしまったとき



心の中は、その役者の名前や
他のどのドラマや映画に出ていたのかを考え始めます。



そうすると、自分自身は携帯やPCのブログの字を
読んでいるつもりでも心のスクリーンには映されず



逆に、その役者のドラマのシーンや映画のタイトルなどの描き出され
ブログを読んでいる意味はなくなってしまいます。



ブログとは限らず
本など字を読んでいるときって
こんなことありませんでしたか?



ではでは。



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

石井裕之著
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法」
⇒ 「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法~思い通りに自分を動かす4つの法則~(CD付)
posted at 21:24
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:心のスクリーンに映されるものは
2012年03月06日

無意識の選択


応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04



こんにちは。



モチベーションを保つには
顕在意識と潜在意識というものの存在を知る必要があります。



目に映る現実は
基本的に自分が心で望んだものを選んでします。



実際、今あなた自身が見ている現実も同様なわけです。
あなたが望んで見ているのです。



そして、あなたの周りにいる人たちは
あなたと同じ環境の中にいて
同じものを見たとしても



それぞれが違う捉え方をしています。



要するにものすごく多くの現実の中から
人それぞれが自分で意識したものを選択して
捉えているわけです。



たとえばブランド品の鞄を買うと、
それと同じブランド品を
街中でよく見かけるようになります。



新車が欲しいなあと思うと
いたるところで
その新車を見かけるようになります。



長い間会っていなかった友人・知人を思い出すと
いきなりその友人・知人から電話がかかってきた。



このようなことを
「引き寄せの法則」
「シンクロニシティ」
などと言われていますが



これは、あなたが意識したことが
現実になっている。と言ってもいいでしょう^^



デパートなどで気に入った商品を見つけたとき
人によって、ある人は商品の値段を見ています。



他の人はその商品の材質を見ていて
また別の人はお店の内装を見ていたり、
そして、財布の中身のことを考えている人もいるかもしれません。



このように人は目では同じものを見ていても
意識の中ではまったく別のものを見ているわけです。



今現在、見えていて、聞こえて、感じられる現実
それが、自分にとってはいたって当然の出来事のように思えます。



だけど本当は自分の意識が選択して
それぞれ、制限をかけた風景を
勝手に現実だと思い込んでいるわけです。



現実というものはたくさんの層にもなっていて
その中から自分で選び取った現実を見ているんです。



そこにモチベーションを持続させるための
潜在意識というものの秘密があります。



徐々に潜在意識の存在を感じ取ってください^^



ではでは。



★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

石井裕之著
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法」
⇒ 「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法~思い通りに自分を動かす4つの法則~(CD付)

posted at 22:14
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:無意識の選択
2012年03月02日

見本を示すのは、素晴らしい教え方♪


応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04


こんにちは。



人に何かを伝えたり、教えたりする時は
見本を示して教えてあげるのが、もっとも効果的な方法ですね^^



自分が自分自身を受け入れていることを見た人たちは、
自分を受け入れることの大切さをじかに感じるでしょう♪



自分が人生に責任持っている姿を見た人たちは、
「自分もこの人を見習おう」という気持ちになります。



仕事でも普段の生活でも
そういう気持ちになるってこと
ありませんでしたか?(笑)



ただ、自分が自分の不完全さを受け入れているのを見た人たちは、
自分の不完全さを安心して受け入れるようになってしまいます。



自分が自分のミスを許して、そこから学んでいる姿を見ることによって、
人々はよりよい方法で自分のミスに対処するようになります^^



自分が健全な自尊心を持っている人物としての見本を示すことで、
次々と連鎖反応が起こってきます。



見本を示すことは、それくらい素晴らしい教え方なんですね♪。



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは。




★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

箱田忠昭著
「できる人」の話し方&人間関係の作り方
⇒ 「できる人」の話し方&人間関係の作り方~なぜか、「好印象を与える人」の技術と習慣~ (「できる人」シリーズ)
posted at 19:21
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:見本を示すのは、素晴らしい教え方♪
2012年03月01日

過去を言い訳にしないで日々成長することです^^

応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04


こんにちは。



何か理不尽な行動を起こしたとき、ごく少数ではあるけど
一部の人たちは自分の不幸な子供時代を言い訳にして
その他人に迷惑をかけたときの無作法な行動を正当化している。
というケースを何度も見たことがあります。



同情するような部分もありますけど、自分の生い立ちが原因で
「過去の不幸な出来事が現在の無作法な行動を引き起こしている」
と主張するかもしれませんけど、それは事実ではない。



とジェリー・ミンチントンは著書の中で言っています。
ジェリー・ミンチントン「じょうぶな心のつくり方」より



実際、自分の現在の行動を引き起こしているのは
自分の現在の心なんですね。



たしかに過去のさまざまな出来事が
今の自分の人格を形成していますが
そのプロセスというのは今も続いているわけなんです。



日々成長ですよ^^



要するに人間は、常に自分を成長させ
過去の遺物を排除して再形成することができるんですね^^



「自分の現在の行動は過去の不幸な出来事が原因だ」
という言い訳じみた主張はやめたほうがいいでしょう。



そんなことをすればするほど
あなたの自尊心は傷つき、人間関係は悪化し
人生は台無しになってしまいます。



ジェリー・ミンチントン「じょうぶな心のつくり方」より



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは。




★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

箱田忠昭著
「できる人」の話し方&人間関係の作り方
⇒ 「できる人」の話し方&人間関係の作り方~なぜか、「好印象を与える人」の技術と習慣~ (「できる人」シリーズ)
posted at 19:00
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:過去を言い訳にしないで日々成長することです^^
2012年02月29日

依存から自分を解放する


応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04


こんにちは。



依存するって、どういうことなんだろう?
って考えたことがあります?



依存とは、自発的意思か強迫観念によって習慣になっている行動。
だそうです^^


ジェリー・ミンチントン「じょうぶな心のつくり方」より



どのぐらい依存度が強いかは、その依存している行動をやめれば
自分自身の生活に、どのぐらいの支障をきたすかによってわかるかと思います。



人はみんな、多かれ少なかれ
何かに対して依存していますよね^^



例えば
タバコ、カフェイン、炭酸飲料、アルコール、ドラッグなどなど・・・



また、仕事や買い物、称賛
そして、さらにはゴシップに対して
依存を起こしている人もいるようです。



ま、あまり細かく気にしても仕方の無いことですけど
自分たちは何事に対しても依存する危険性があるかもしれないですね。



一口に依存と言っても
わりと無害なものから
かなり有害なものまで様々なものがあると思いますが



でも、無害のように見える依存でも
それにのめりこむと有害になる怖れってありますよね。



最初のうちは
自分の行動をコントロールしているように思えても
しばらくすると逆に自分の行動がコントロールされることです。
それが気付かないうちにそうなってしまっているかもしれません^^;



もし、有害な依存に陥っているなら
なかなか難しいところではありますが
自尊心というものを育てていく必要があります。



それは、ジェリー・ミンチントンの書籍
「じょうぶな心のつくり方」に書かれてあることですが



自分をもっと愛するようになれば
依存が自虐的でることがわかり
それを止められるようになる。

有害な活動を健全な活動に置き換える。
自分たちは選択の自由を持っている。



ま、言葉にすると簡単そうに思えますが
いざ、実践するとなると
これがなかなか難しいものです^^;



ただ、これだけは憶えておきたいと
思っているところです。



自分の行動にコントロールされるのではなく
自分の行動をコントロールすることを選ぶほうが
絶対にいい!



これを出来るようになれば
なお、GOOD!です♪


☆じょうぶな心宣言!
「私は、自尊心をもって有害な習慣をコントロールする」
ジェリー・ミンチントン「じょうぶな心のつくり方」より




最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは。



★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

箱田忠昭著
「できる人」の話し方&人間関係の作り方
⇒ 「できる人」の話し方&人間関係の作り方~なぜか、「好印象を与える人」の技術と習慣~ (「できる人」シリーズ)
posted at 18:37
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:依存から自分を解放する
2012年02月27日

ポジティブな言葉を自分自身に言う

応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04


こんにちは。



おそらく多くの人たちは
気付いていないかもしれませんが
僕らは、日々常に自分に話しかけています(笑)



よ〜く、振り返って考えてみると
おぉ、なるほど!
なんて思ったりしませんか?(笑)



例えば、街をぶらぶら歩いていた時
気に入ったものを見つけて
つい衝動買いをしようとしたとき



買おうか?買うまいか?
なんて、心の中で会話しません?



そのほかにも何かの行動を起こすとき
それをやろうか、やるまいか・・・・とか(笑)



ね?



私たちは朝から晩まで
心の中で自分と会話をしていたんだ。って感じますよね^^



ただ、その心の中の会話が
時には自分に対してポジティブなことも言いますが
残念ながら、そうでないことのほうが多いんですよね・・・・



結構、厳しい言葉で自分を非難したりしますよね・・・



それは何故?
どうして、そんなことをするのでしょうか?



それは、やはり子どものころに
親や学校の先生からそのような言葉を言われて
心の中に埋め込んでしまっているという要素が
あるかと思うんです。



子供の頃ですからね
それが事実や適当ではなかったとしても
やっぱりそれを素直にそれを受け入れてしまったんですね。



子供の頃は素直でしたから(笑)



そして悲しいことに、自分が大人になってからは
自分自身が親や教師に代わって
それこそ、自分を罵倒するようになってしまっているんですね・・・



これって、やっぱり決してよい習慣ではありませんよね?
つまり、ネガティブなことばかり考えて
常にそういう意識でいるってことですから。



だから、ぜひとも改める必要があると思います。



ジェリー・ミンチントンは
自分の著書「じょうぶな心のつくり方」の中で
改める方法の一つを次のように書いています。



自分を罵倒するときに使っている言葉を
紙の上にリストアップし、それぞれの言葉の横に自分の長所を強調する



ポジティブな言葉の障害を書く。



今後、自分を罵倒するたびに、そのポジティブな言葉を自分に投げかける。



もし自分を罵倒する言葉を言いたくなかったら
「私たちは日に日によくなっている」と自分を褒める。



もし自分の行動力のなさがもどかしくなったら
「私はテキパキと行動するよう努力している」と自分を認める。



この習慣を身につけるには多少の努力が必要のようですが
そこから受ける恩恵は計り知れないほど大きいようです。



そうすることによって失うものは何もなく
あなたはじょうぶな心を育てていくことができる。



とジェリー・ミンチントンは言っています^^



ジェリー・ミンチントン「じょうぶな心のつくり方」より



ちょっと、本当に効果があるの?って思ったり
ちょっと照れるようなやり方ですが・・・・



ま、自分ひとりしかいませんからね^^
部屋で一人で頑張ってみるのもいいと思います^^



最後まで読んでくれてありがとうございます♪


ではでは。




★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

箱田忠昭著
「できる人」の話し方&人間関係の作り方
⇒ 「できる人」の話し方&人間関係の作り方~なぜか、「好印象を与える人」の技術と習慣~ (「できる人」シリーズ)
posted at 19:33
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:ポジティブな言葉を自分自身に言う
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。