メンタル・マインド

「メンタル・マインド」の有益情報をお届け!

人が好きになる。自分が変わるきっかけノート

大学職員が様々なカラーを持つ学生キャラクターと未知との遭遇した観察日記








孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】

2012年03月12日

合意上の現実

応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04



あなたの中には、幼いころ、親に刷り込まれた
常識というものがあります。



それを合意上の現実と言います。



その合意上の現実の中で
私達は日常を過ごしています。



この合意上の現実について
「やる気のスイッチ! 」の著者、山崎拓巳さんは
この本の中で、こんな例え話をしています。



テーブルの上に足を乗せてはいけない
食事中に立ち歩いてはいけない。
列に横は入りしてはいけない
人を仲間はずれにしてはいけない



合意上の現実(コンセンサスリアリティ)とは
上記例のように



幼いころに、躾として植えつけられたことで
作られてきた現実なんです。



この合意上の現実では、見えないものが見え
見えているものが見えなくなってしまいます。



子供の頃、公園とかで友達と遊んでいるとき
地面に線を引いて



「こっちから向こうが海だよ!」
「落ちたら溺れて死んじゃうよ」
とルールを決めました。



そんなところへ
別の友達がやってきて、遊びに加わりました。



当然、遊んでいるところは
公園の普通の地面ですが



その友達が引かれた線から足を踏み出した瞬間
「あ、そこ海だよ!溺れてしまうよ!」
と言われて、思わずそこから逃げ出しました。



この時に、その友達は合意したことになります。



この公園の地面の上で新しい現実を見たんですね。
その遊んでいた子どもたちが決めたルールで
現実が作られたりします。



そして、やがて大人になったときの現実が社会でもあるんです。



でも、その現実は、親の躾や友達との約束によって
植えつけられてきた現実であるということを
意識しておいた方がいいですね。



要するに、何を言いたいのかというと
「夢」を実現するために
目標を決めようとしたときに



「自分には絶対できない」
「目標達成なんて到底ムリ!」



なって思っていると
それは潜在意識の中に
「絶対できない、なれない」とすり込まれてしまい



自分にはできないことだとイメージされてしまい
目標に向かっていても途中で挫折してしまう。ということなんです。



でも、それは自分の中にあるただの思い込みであって
行動することを制限していることではないのです。



今まで自分の中で常識と思っていたことが
あなたのやる気の防壁になっているかもしれません。


★参考書籍

山崎拓巳さんの「やる気のスイッチ! 」


ではでは。



posted at 20:34
Comment(0)
カテゴリー:メンタル・マインド
エントリー:合意上の現実
2012年03月11日

Fake It!

応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04



自分が欲しているもの
自分の「夢」



それが案外、簡単に実現できるかもしれない。



そんなポジティブな意識を持ち合わせている人は
自分の欲しいものや「夢」を実現する簡単な術を
知っている人です。



だから、思ったよりも速く実現してしまうんです。



「簡単に実現できる」というものの見方は
潜在意識が速く実現できる方法を浮かび上がらせてくれます。



このような意識になるには
すでに「実現している」というイメージを
心の中に植えつける必要があります。



これは、「ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム」の作者である石井裕之さんがいう「フェイク・イット」です。
要するに、自分の目標を実現した。と演じることです。



既に実現している自分がいるから
あとはその「夢」が近づいてくるのを待っているだけ。



もっと簡単に言うと自分が今欲しているものが
紙に書いている文字でも、口から発している言葉でも
また、心の中でも「既に実現しているもの」
と書き換えるといいですね。



自分の目標である「高級車を乗り回すこと」
ということを「既に高級車を乗り回している」
という意識を常に心に抱いて
※これはアファメーション
⇒ http://eiafa.seesaa.net/article/253598582.html



「既に自分の目標は実現している」
という架空の事実を心に馴染ませていくことで
欲しいものは向こうからやってきます。



Fake It!する。


ではでは。

posted at 20:12
Comment(0)
カテゴリー:メンタル・マインド
エントリー:Fake It!
2012年03月10日

深刻にならない


応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04



こんにちは。



自分が思い描くこと
あれが欲しい。
あれをやってみたい。



それを表現することはとても素晴らしいですね♪



夢を持ってその夢を実現したい。
とてもわくわくすることです♪



でも、あまりその「夢」を実現するために
深刻にならないようにすることが大切です。



「夢」を実現するために
これもやらなきゃダメだ。
あれもやらなきゃいけないの?と深刻になってくると



潜在意識の中で
「この夢は実現が困難だ」と思ってしまうからです。



自分の「夢」を実現したい!
だけど、そのためには
かなり苦労しないと実現なんてできやしない。



「夢」を実現するために頑張らないといけない。と深刻になる人は
簡単にできる方法を見ようともしません。



確かに努力することは当たり前ですが
あまりにも深刻になりすぎて



「夢」を実現するには努力!努力!
と苦労をともなう方法だけに意識がいってしまいます。



そこから多くの挫折が始まってきます。



これだけ努力したのに
「夢」は実現できないのか・・・・と。
だから心に負担になるような深刻にならないことです。



深刻ではなく、真剣に行動する。です。


ではでは。


最後まで読んでくれてありがとうございます♪



posted at 20:43
Comment(0)
カテゴリー:メンタル・マインド
エントリー:深刻にならない
2012年03月05日

気づきが大切

応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04


こんにちは。



ここ2回ほど、このブログで
「やる気」「モチベーション」について
発信させて頂いております。



モチベーションを持続させるって
大変ですよね・・・・・・



例えば、その年の抱負や目標を掲げて
願掛けまでしたのに



結局、それが達成できなかった
ということが、あなた自身も経験があるかと思います。



年の初めに
今年は、この目標を達成しよう!



と意気込んだのに
目の前にある快楽の誘惑に負けて



これをしてから
取り組んでも遅くはないな。



少しだけテレビを見てからやろう。



などと、その時の、ちょっとした誘惑に負けて
結局、目標達成するための行動に移せないわけです。



やる気は、行動を起こせば
どんどん膨れ上がっていきますが



怠け癖も
どんどん膨れ上がったいくわけです。



ちょっとしたことでも
自分で思い通りにできないわけなので



自分の人生を思い通りに動かすのは
並大抵のものではありません。



でも、やる気も怠け癖も
ちょっとした誘惑に負けないで行動することも



ここで、改めて気づいたことが
大いなる進歩です。



「もうひとりの自分」とうまく付き合うには
自分の行動を制限するものの存在に
「気づく」ことが大切です。



そして、その中から
また新たな気づきが生まれます。



それは
「こんな簡単なことだったのか」
「このやり方は以前から知っていたよ」
「あぁ、聞いた事がある」



こんな普通のことです♪



ではでは。



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

石井裕之著
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法」
⇒ 「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法~思い通りに自分を動かす4つの法則~(CD付)
posted at 20:54
Comment(0)
カテゴリー:メンタル・マインド
エントリー:気づきが大切
2012年03月04日

自分の性格は気まぐれ?

応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04


こんにちは。



自分は気まぐれだから



先日まではヤル気満々だったのに
今は、まったくやる気が起こらない



ほんの数時間前までは
やる気に満ち溢れていて
頑張って取り組んでいたのに



それが、やっているうちに
急に自分はなんでこんなことをしているんだろう?
こんなことをして何になるの?



なんて
気持ちが萎えてしまことがあります。



僕自身、このような場面を
幾度となく経験してきました(笑)



さっきまで
やる気に満ち溢れていたのに
急にそれが冷めてしまうんですね^^;



これは、やっぱり
自分は気まぐれな性格なのだろうか?
と思われるかもしれませんが



でも、やる気って
他の周りの人から煽られることもあるし



またその逆で、誰かの一言や行動で
やる気を失うってこともあります。



周りから触発されて
急にやる気になっても
時、既に遅し・・・・だったり(笑)



これは、自分の性格が気まぐれ
という表現よりも



自分自身の中にある
潜在意識のせいなんですね。



潜在意識とは
「もうひとりの自分」
と表現すのもいいと思います。



その潜在意識、「もうひとりの自分」を
自由にコントロールできるようになれば



モチベーション
いわゆる、やる気を持続させることができるでしょう♪



成功者の人たちは
その「もうひとりの自分」
との付き合い方をよく知っています。



やる気を無理やり出しているのではなく
やる気を待っているわけでもありません。



どうやったらやる気を出せるか
その場面場面でのやる気の出しかたを
知っているわけです。



だから成功するまで
やる気というものを持続できたんですね^^



特に
やる気をなくすというのは



自分でやる気を
「なくすきっかけを待っている」
ということを知っているわけです。



だから気分に左右されるのではなく
自分で気分を意図的に左右することができる術を知っているからこそ
成功までの道のりを進んでこれたわけです。



その秘訣とは・・・・・



ではでは。



最後まで読んでくれてありがとうございます♪





★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

石井裕之著
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法」
⇒ 「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法~思い通りに自分を動かす4つの法則~(CD付)
posted at 20:44
Comment(0)
カテゴリー:メンタル・マインド
エントリー:自分の性格は気まぐれ?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。