他人を褒めるということ

「他人を褒めるということ」の有益情報をお届け!

人が好きになる。自分が変わるきっかけノート

大学職員が様々なカラーを持つ学生キャラクターと未知との遭遇した観察日記








孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】

2012年06月30日

他人を褒めるということ

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



■アラを探すのが簡単だから


自己啓発系の書籍などでは
「自分を褒める」ということが
よく書かれてありますしよく聞いたりします。



確かに自分を褒めることで自分の中でとても嬉しくなり
テンションが上がり、モチベーションも上がってきます。
とてもいいことだと思います。



でも、他人を褒めるということも忘れてはなりません。
他人を褒めることで、知らず知らずのうちに
自分自身に自信がついてくるんです。



まあ、人を褒めるという行為は
なかなかできないことでもあります。



そうしても他人のアラを探すことの方が簡単で
他人に対しても、自分に対しても長所とかいい所を
見つけようとは考えません。



でも、他人を褒めるということは
あなたにとってメリットがあることでもあるんです。



確かに難しいことではありますが
最初のうちは、意識的に頑張らないと
褒めるところが見つからなくて疲れますが



続けていると、その人の良いところが
どんどん目に付いてきます。



他人の良いところを見つけられるようになってくると
結果的に自分に対しての見方も変わってきます。



■完璧な人間はいない


人間、誰でも完璧な人などいません!



100あるうち、良いところが80あっても
あと20たりないといって



その20ばかりを悪いといって責めてしまいます。
端から見るとひねくれた考えです。



そのようなひねくれた考えは捨て
もっと視野を広く持っていきましょう!



また他人を褒めていると
あなた自身が逆に褒められてきます。



つまり、褒め返しを受けるということです。
相手から褒められることで
自分の長所を再確認できます。






最後まで読んでいただきありがとうございました。



あなたも潜在意識を味方にして
感情をコントロールし、今の状況から抜け出してください。
→ セラピーの秘密




posted at 18:53
Comment(0)
カテゴリー:コミュニケーションスキル
エントリー:他人を褒めるということ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。