悲劇のヒロインになりたい人

「悲劇のヒロインになりたい人」の有益情報をお届け!

人が好きになる。自分が変わるきっかけノート

大学職員が様々なカラーを持つ学生キャラクターと未知との遭遇した観察日記








孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】

2012年06月27日

悲劇のヒロインになりたい人


応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



期待されて頑張るのは素晴らしいことです。
でも張り切りすぎるのはキケンです。



自分はこんなに期待されているから・・・と張り切り過ぎて
心身ともに疲れ果ててしまいます。




極端なことを言えば、こういう人って
「悲劇のヒロイン」になりたい人です。



何かをするときに「期待しているよ」と言われても
まずはテンパらずに冷静に考えてみることです。



どうしてあなたはそれをやっているのか?
期待されていると思っているからやっているのか?
それとも自分の本当にやりたいことだからやっているのか?
自分のやる気を確認してみてください。



もしかしたら過度に期待されていると
自分で思い込んでいるだけかもしれませんよ^^



■自己犠牲は、いつか怒りに変わります。


自分を犠牲にして
他人に期待されているからと思ってやっていることは
いつか怒りに変わります。



あれこれやっているのに
相手の態度が素っ気無かったり
感謝の言葉がなかったりすると



こんなに自分はやってあげたのに
という怒りになっていきます。



どうしても見返りを期待してしまうんですね。



でもそれは他人のためを本当に思っているのではなく
自己保身だけなんです。
自分中心に考えているということですね。



期待されるということは嬉しいものです。
自分は必要とされていると思えるから



でも期待されていると過度に思い込んで
爆走するのはキケンなんです!



自分自身をつぶしてしまうことになりかねません。
まずは自分は自分であることに責任を持ちましょう!





最後まで読んでいただきありがとうございました。



あなたも潜在意識を味方にして
感情をコントロールし、今の状況から抜け出してください。
→ セラピーの秘密




posted at 19:09
Comment(0)
カテゴリー:人物観察
エントリー:悲劇のヒロインになりたい人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。