自分をどう評価していますか?

「自分をどう評価していますか?」の有益情報をお届け!

人が好きになる。自分が変わるきっかけノート

大学職員が様々なカラーを持つ学生キャラクターと未知との遭遇した観察日記








孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】

2012年06月22日

自分をどう評価していますか?

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ


■ストレスになるか、全く苦にならないか


自分の評価って、自分への出来事に対して
そのように捉えているかです。



例えば、1つの仕事に対して
「この仕事を失敗したら、自分は終わりだ」と考える人
「この仕事を成功させれば、自分の収入も上がるぞ!」と考える人



上司から雑務を振られたとき
「嫌だなー」と思いながら仕事をするのと
「会社の仕事とはそういうものだ」と思って淡々と仕事をすること。
※田中ウルヴェ京著「新しい自分の作り方」より



上記の例のように、出来事をどう捉えるかによって
仕事の能率も自分にかかってくるストレスも
全く違うものになってきます。



捉え方次第で、それがストレスになるか
全く苦にならないものになるかが決まってきます。



■失敗が終わりではない


自分自身をコントロールする上で
自分自身をどう「評価」するかが
一番大事になってきます。



自分への評価を歪んで捉えてしまうと
思考が「非論理的・非合理的・非建設的」になってしまいます。



すると、自分にかかってくる些細な出来事ですら
大きなことと捉えてしまい
結局、ストレス自体を大きくさせてしまう結果になってしまいます。



ただ1つの仕事で失敗しただけで
「自分はもう終わりだ」と思ってしまうように



捉えかたが歪んでいると
本当に人生が終わってしまったかのような
ショックを受けることがあるんですね。



でも、失敗自体が自分を終わりにするのではありません。
逆に失敗は自分を成長させる糧になっているんです。



だから自分をどん底までに追い込むことなんて
ナンセンスでしかありません。



■自分の思考の歪みをなくす


ゆがみの状態は人それぞれ違います。
だから他人からすれば、あなたが落ち込んでいると



「そんなことで落ち込まなくても」
「そんなことで・・・」
「そんなことで・・・」
「そんなことで・・・」と平気で言ってきます。



他人との考え方には差があります。
他人からは見ると、その人のゆがみが
どの程度の酷さかわからないんです。



「そんなことで・・・」
なんて言われると、更にゆがんでいくことがあります。



だから他人との思考の差異から
またストレスが増大していくことになってしまいます。



ゆがみが大きくなりすぎると
何もかも否定的に考えてしまいます。



すべてを否定するような考え方を持ってしまうと
あなたの周りの物事がまったく回らなくなります。
また周りの人もあなたを助けるようなことはなくなります。
負のスパイラルに陥ってしまいます。


だから、ゆがみをなくしていくことが大事なんです。



ゆがみをなくすことができれば
さまざまな出来事にも振り回されることなく
自分の実力を思う存分発揮することができるようになるんです。



基本的にゆがんだ思考をもたないという
そんな自分を創らなければなりません。



でも、それを一人で創っていくことは難しいですよね。
だからあなたをフォローしてくれる
こういうものがあります。



あなたも潜在意識を味方にして
感情をコントロールし、今の状況から抜け出してください。
→ セラピーの秘密




posted at 19:35
Comment(0)
カテゴリー:メンタル・マインド
エントリー:自分をどう評価していますか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。