心のスクリーンに映されるものは

「心のスクリーンに映されるものは」の有益情報をお届け!

人が好きになる。自分が変わるきっかけノート

大学職員が様々なカラーを持つ学生キャラクターと未知との遭遇した観察日記








孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】

2012年03月07日

心のスクリーンに映されるものは

応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04




こんにちは。



変な表現になりますが
現実は幻想みたいなものです。



脳機能学に関する本を読む
なんとなく理解できるのですが



あなたの目の前にある現実は
あなたの脳によって作り出されたものなのです。



自分が思い描いたものを
どんどん組み合わせることで



自分が主人公の物語や
その周りの景色を作っているんです。



要するに、今までの体験の中で
いろいろなものを見て
いろいろなものを感じて



その中から自分で選んだものを
自分の心のスクリーンに投影しているわけです。



それが「現実」として
心のスクリーンに映し出されています。



こんなこともあります。



例えば、このブログを読んでいたときでも
急にあるドラマの役者のことが
気になってしまったとき



心の中は、その役者の名前や
他のどのドラマや映画に出ていたのかを考え始めます。



そうすると、自分自身は携帯やPCのブログの字を
読んでいるつもりでも心のスクリーンには映されず



逆に、その役者のドラマのシーンや映画のタイトルなどの描き出され
ブログを読んでいる意味はなくなってしまいます。



ブログとは限らず
本など字を読んでいるときって
こんなことありませんでしたか?



ではでは。



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

石井裕之著
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法」
⇒ 「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法~思い通りに自分を動かす4つの法則~(CD付)
posted at 21:24
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:心のスクリーンに映されるものは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。