依存から自分を解放する

「依存から自分を解放する」の有益情報をお届け!

人が好きになる。自分が変わるきっかけノート

大学職員が様々なカラーを持つ学生キャラクターと未知との遭遇した観察日記








孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】

2012年02月29日

依存から自分を解放する


応援して頂ければ嬉しいです♪ranku04


こんにちは。



依存するって、どういうことなんだろう?
って考えたことがあります?



依存とは、自発的意思か強迫観念によって習慣になっている行動。
だそうです^^


ジェリー・ミンチントン「じょうぶな心のつくり方」より



どのぐらい依存度が強いかは、その依存している行動をやめれば
自分自身の生活に、どのぐらいの支障をきたすかによってわかるかと思います。



人はみんな、多かれ少なかれ
何かに対して依存していますよね^^



例えば
タバコ、カフェイン、炭酸飲料、アルコール、ドラッグなどなど・・・



また、仕事や買い物、称賛
そして、さらにはゴシップに対して
依存を起こしている人もいるようです。



ま、あまり細かく気にしても仕方の無いことですけど
自分たちは何事に対しても依存する危険性があるかもしれないですね。



一口に依存と言っても
わりと無害なものから
かなり有害なものまで様々なものがあると思いますが



でも、無害のように見える依存でも
それにのめりこむと有害になる怖れってありますよね。



最初のうちは
自分の行動をコントロールしているように思えても
しばらくすると逆に自分の行動がコントロールされることです。
それが気付かないうちにそうなってしまっているかもしれません^^;



もし、有害な依存に陥っているなら
なかなか難しいところではありますが
自尊心というものを育てていく必要があります。



それは、ジェリー・ミンチントンの書籍
「じょうぶな心のつくり方」に書かれてあることですが



自分をもっと愛するようになれば
依存が自虐的でることがわかり
それを止められるようになる。

有害な活動を健全な活動に置き換える。
自分たちは選択の自由を持っている。



ま、言葉にすると簡単そうに思えますが
いざ、実践するとなると
これがなかなか難しいものです^^;



ただ、これだけは憶えておきたいと
思っているところです。



自分の行動にコントロールされるのではなく
自分の行動をコントロールすることを選ぶほうが
絶対にいい!



これを出来るようになれば
なお、GOOD!です♪


☆じょうぶな心宣言!
「私は、自尊心をもって有害な習慣をコントロールする」
ジェリー・ミンチントン「じょうぶな心のつくり方」より




最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは。



★★おすすめの本★★
影響を受けた一冊

箱田忠昭著
「できる人」の話し方&人間関係の作り方
⇒ 「できる人」の話し方&人間関係の作り方~なぜか、「好印象を与える人」の技術と習慣~ (「できる人」シリーズ)
posted at 18:37
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:依存から自分を解放する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。