大学職員が様々なカラーを持つ学生キャラクターと未知との遭遇した観察日記








孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】

2012年11月14日

アインシュタインの言葉

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



コミュニケーション術のカリスマ講師である
箱田忠昭先生が書いた本で
【「できる人」の話し方&人間関係の作り方】に
こんなことが書かれていました。


アインシュタインがお弟子さんに言った言葉です。


お弟子さんがアインシュタイン博士に
「人間は何のために生きているのでしょうか?」
と尋ねたところ



博士は弟子に
「決まっているじゃないか、他人のためだよ」と答えたそうです。



他人のために生きる?
どういうこと?


??????


正直なことを言うと
他人のために生きるということに
若干の違和感を感じてしまいました。



でも、よく考えてみると私たちは、生きていく上で
いろいろな場面で、様々な人と関わっていますよね。



例えば
生活するためのお金を得るために就職をします。
その場合、雇ってくれる人がいないとできませんよね。



自分で商売しようと起業する人も、
自分の会社から買ってくれる人がいないと
商売自体が成り立ちません。



会社を経営している人は、従業員に給料を与えます。

給料をもらった人は、お店で自分の好きなものを買います。

お店は品物を売って、お金が与えられます。

そのお店に商品を卸している人たちもいます。

そして、その商品を製造している人もいます。




生産者、消費者等、社会のシステム的に考えると
様々な人たちが様々なかたちで人と関わって



形があるものににしろ、無いものにしろ
誰でも何かを他人に与えて生きています。



そして、その与えるものが多ければ多いほど
与えた人に対しての報酬も多くなっていき



与えるものが良いものであればあるほど
得るものも良いものとなっていきます。



そう考えるとやはり、良いものを多く得ようとすれば
できるだけ良いものを多く与えることが必要だということになりますよね。



ただ、人って、普段生活しているうえでは
自分が得ることばかり考えていて
与えることをしたがらないような気がします。



あなたも自分自身の普段の生活や行動を思い起こすと
お金にしろ、何かのものにしろ、
かたちのない愛情にしろ
もらうことばかり考えていませんでしたか?



自分から与えることで
得ることができるということに気づかねばいけないかもしれませんね。



箱田忠昭先生の禅の師匠が言った言葉だそうです。
「己の最も大切にしているものを人に与えよ。その時、あなたは救われる。」


____________________

〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
Perfect Communication
詳細はこちら>>>>

____________________



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは
posted at 18:32
Comment(0)
カテゴリー:メンタル・マインド
エントリー:アインシュタインの言葉
2012年11月13日

幸福に生きるために

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



みんなは周りから認められて
幸せな人生を送りたいと思っています。



これって、人の本能的なものですよね^^



でも現実をみると
会社などの職場をはじめとして
様々な所で否定されることが多いです。



悲しいですけど、多いですよね。
そこからマイナスの感情が増幅されてしまうんですね・・・



人って、否定されるという恐怖から
周りの自分に対する言動や態度が気になって
臆病になっていきます。



そして、自分がどんな人生を送るかより
周りからどのように見られるだろうか?
ということばかりを重点を置き、気にしてしまいます。



だから、否定されたくない!
非難されたくない!という気持ちが
強くなっていくことになります。



そのような気持ちが強いため
他人に会うたびに



自分はこの人から否定されるのではないかと
びくびくと気持ちが小さくなって
自分自身も否定的になり
消極的な行動や発言になってしまいます。



それがどんどん進んでいき
やがて対人恐怖症になっていくんですね。



でも、人と接することを怖がっていては
楽しいライフワークを作っていくことはできません。



お金があればなんとかなる!
という人もいますが
いくらお金があっても
自分の気持ちを充実させないと
本当に幸せだと感じることができないんです!



お金持ちの人で
孤独感に苛まれているという話をよく聞くことがあります。



お金がたくさんあっても
心が充実しないというケースが多々あるんですね。



要するに幸せを感じずに
日々悶々と苦しみを抱えながら生きているわけです。



幸福に生きるためには
明るく自信にあふれた人に変わることが必要です。



そのために周りの人たちとのコミュニケーションというのは
本当に大事なんです。



それは人って一人では生きていけませんから
誰かの様々な人たちの助けがあって
はじめて自分自身が幸せな人生を送れると感じるんです。



もし今、自分が人と接することが苦手だと感じているなら
まずはその自分を払拭することから始めましょう♪
これを参考にして^^
⇒ 人生を明るく変える会話術






最後まで読んでくれてありがとうございます♪


ではでは
posted at 19:04
Comment(0)
カテゴリー:日記
エントリー:幸福に生きるために
2012年11月12日

やる気を引き起こすために

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



人が生きるというのは
幸福感を得るためです。



人が幸せな気持ちになるのは
周りの人から称賛されたり、認められたりすることですね。



だから常に相手から認められることを願っています。



認められていないと
やる気も出ないというものです。



職場の雰囲気もやる気が出ないと
暗くなってしまいますし
生産性も落ちてしまいます。



そこであなた自身が周りの人たちに
称賛することを与えてください。



称賛された人は、嬉しいから頑張ります。



その頑張っている姿を見た周りの人は
その人を認めてあげるようになって
どんどんと職場の雰囲気が明るくなり
やる気を出させることになります。



そして周りのやる気が
あなた自身をやる気にさせてくれるんです。




____________________

〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
Perfect Communication
詳細はこちら>>>>



____________________



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは
posted at 19:02
Comment(0)
カテゴリー:モチベーション
エントリー:やる気を引き起こすために
2012年11月10日

相手のためにする

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ


他人から好かれて良好な関係を作るには
あなた自身からどんどん
相手にしてほしいことをしてあげることです。



心にあるものは
必ず身体に出るということがわかりますか?



怒りの感情や不満、不安は
目つきや顔つき、顔色、声など
様々な形で表面に出ます。



そのような相手の態度って
感じることができますよね。



そのようなときにこそ
相手を認めてあげてください。



人って、仮に自分が間違っていても
他人から「お前、間違っているよ!」と
否定されることを嫌います。



だから全てを肯定してくれる人を
好きになります。



相手を肯定されることで
あなたも肯定されるんです。



逆に否定すれば否定されますよね?



日常、簡単なあいさつや会話の中でも
相手を認めてあげるような言葉を
発してください。



ちょっとしたやり取りで
良好な関係が築けます。



その逆もまた然りですけどね^^


____________________

〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
Perfect Communication
詳細はこちら>>>>

____________________



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは

posted at 18:57
Comment(0)
カテゴリー:コミュニケーションスキル
エントリー:相手のためにする
2012年11月08日

好き嫌いという観念で人を判断します。

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



誰でも周りの人たちから好かれて
良い人間関係でいたいと思っています。
当然と言えば当然ですが(^^;



でも実際は、周りの人から好かれる人もいれば
嫌われる人もいるわけです。



なんとなくそりが合わないとか
偉ぶっている感じがするとか
いつも不機嫌そうとか・・・



例えば会社で、そんなに仕事が出来るわけでもないのに
上司に認められる人がいます。



何故だろう?と思うところがありますが
これは上司に好かれているからですね。



一方では、真面目にコツコツ一生懸命に頑張っているのに
なかなか上司に認めてもらえない人がいます。



真面目だけど、どこか暗くてとっつきにくいので
上司から好意を持たれていないからですね。



結局、そういう状況から
どうしてあの人だけが認められて「どんどん出世するんだ?」
と不満が出てきますよね。



以前の僕なんかがそうでした。
もう不満だらけ(笑)



でも、真面目にコツコツ仕事をしているのに
どうして認められないのでしょうか?



それは上司や周りの人に
「わき目も振らず、コツコツ真面目に仕事をしていれば認められる」
「自分を認めて欲しい」というオーラが出ていたからです。
意識していたわけではないのにね



そのオーラとは自己顕示欲です。



「もっと認めてくれ!」
「自分はあいつよりも優秀なんだ!」
「自分をもっと分かって欲しい!」



というオーラが出ていて
周りの人達に求めているんです。



でもその求めは自己顕示欲だ!と
周りの人達に見抜かれているため届きません。



「出る杭は打たれる」ということと似ていますね。



そうなると、また焦ってしまい
今までよりも自己顕示欲が強くなり
仕事に関してや、相手を否定することで
自分をアピールしていきます。



そういう行為から、また他人より批判をされて
自分の中に憎悪が増えてくるんですね。



自分では認めて欲しいと頑張ったのに
結果は逆になってしまいます。



自分をもっと認めて欲しいと思っても
周りの人たちって、案外簡単には認めてくれないものです。



では、どうすればいいんでしょうか?
まあ、自分が変わらなければならない。ということなんですが



まずは、自分の方から相手を認めてあげることです!



相手を認めてあげると、その人は幸福感に満たされ
その気持ちが溢れ出してきます。



その溢れ出した幸福感がやがて
認めてくれたあなた自身に戻ってくるんですね。



自己顕示欲のかたまりにならずに
相手を、周りの人を認めてあげることが大事です。


____________________

〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
Perfect Communication
詳細はこちら>>>>



____________________



最後まで読んでくれてありがとうございます♪


孤立化すると最悪です。

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ




当たり前のようですが
仲間はずれにされて、独りぼっちというのは
「寂しい」という域を超えて
精神的に苦痛を覚えます。



人はすべてを否定されて
孤立化した状態に置かれて絶望的になると
精神に異常をきたし死に至ることもあるそうです。



そういう意味では、人は賞賛されたり
認められることで生きていけるということになりますね。



人は認められてたくさんの良い仲間に囲まれていると
とても活き活きとして印象もよく
やる気に満ちた人間になります。



周りにいる人でも
仲間がたくさんいる人を見ると
本当に活き活きしていることがわかりますよね。



だからこそ人は、他人から
「認められたい」「好かれたい」「尊敬されたい」
と思って頑張っているんですね♪



でも実態は、あまり人に認められず、好かれず
人間関係が悪くなるという人が多いようです。



会社なんかでも認められる人ってあまり多くなく、
職場でも表面上の付き合いというのが多いですよね。



そんな中で人間関係を悪化させていくと
挙句に孤立化していく危険があります。
孤立化すると、冒頭に書いたように最悪です。



当然、孤独だったり、
人間関係が悪い状態を好む人なんていませんよね。



誰だって人間関係を良好にしたいと思っているし
みんなに好かれて楽しくしていきたいと思っているはずです。



もし、あなたの職場の雰囲気が悪かったり
あなたの周りの人が悪い状態になっていたら



その悪い状態の人に自分の方から認めてあげたり
尊敬を与える行動をしてみてはいかがでしょうか?



やがてその行動が、自分の元へ
肯定されるというかたちで戻ってきます。



自分から先に与えることで
それが自分に戻ってくるということに
気づいてください。


____________________

〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
Perfect Communication
詳細はこちら>>>>

____________________



最後まで読んでくれてありがとうございます♪
posted at 18:54
Comment(0)
カテゴリー:コミュニケーションスキル
エントリー:孤立化すると最悪です。
2012年11月06日

無視される状態になると

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ


人にとって一番辛い状態なのは
無視されている状態です。



自分たちは、常に褒められたい
認められたいと思っています。



でも、そう思っていても、なかなか褒められたり
認められることってありません。



場合によっては、非難や叱責さえも
言われない場合もあります。



いわゆる誰からも相手にされず
無視されている状態です。



そのような状態になると人は
自分に関心を持ってもらいたいため
わざと人に嫌われるようなこと言ったり
行動したりするわけです。



あなたの周りにもいませんか?



ひねくれていたり
人の悪口ばかり言っていたり
他人に何でも反対したり
いつも怒っている人



このような人は
周りが自分を正当に評価してくれない
自分をバカにしている
無視している
と思い込んでいるわけです。



だから関心をひくために
意識的に非難され、叱られることを期待しています。



無視されて、孤独の状態ほど辛いものはないでしょう。



でも、辛いからと言って
悪意の感情を出して関心をひこうとしても
それは逆効果で、負のスパイラルに落ちていくだけなんです。



そうならないためにも
相手の人や周りの人たちと
幸せな感情を築いてください。



____________________

〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
Perfect Communication
詳細はこちら>>>>

____________________



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは
posted at 19:21
Comment(0)
カテゴリー:コミュニケーションスキル
エントリー:無視される状態になると
2012年11月01日

悪意の感情はやっぱり泥沼になります。

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



人は褒められると、やっぱり嬉しいものです♪



褒められたり、認めてもらうと
とても幸せな気持ちになります。



以前流行ったテレビドラマの「ひとつ屋根の下」で、
俳優の江口洋介が演じた「あんちゃん」が
心のダムという言葉を連発していました。



「心のダムに水をいっぱい溜めて」というセリフですね。



それは心に愛情をたくさん持とう!
ということですね^^



その愛情で心のダムがいっぱいいっぱいになった時
愛情の水が心のダムからこぼれて



嬉しくなることを言ってくれた相手の人や
周りの人たちに分け与えるように
その人たちの心のダムに注がれていくんですね。



それによって相手の人や周りの人たちの心のダムも
愛情でいっぱいになり幸せを感じることになります。



逆に、非難を受けたりすると
憎悪の水がいっぱいになって
それがこぼれだして



お返しとばかりに相手を罵るような言葉が発せられ
関係が悪化し泥沼化してしまいます。



普通に考えると、それは当然の結果であり
誰もがわかっていることなのですが



感情というのはそれを抑えてくれません。



でも、ちょっとした話し方を変えるだけで
悪意の感情を表に出さないようにすることはできるんです!

その方法はこちらを参照>>>



常に悪意の感情を出していると
相手との関係はさらに悪化していき
やがては周りに誰もいなくなってしまいます。



あなたが幸せな気持ちになり
楽しいライフワークを過ごすためには
周りの人たちの良好な関係が必要不可欠です。



悪意をもった話し方や態度、行動は
あなたの人生を不幸に導くだけです。



自分の感情を上手くコントロールする方法を
身につけられればいいですね♪


____________________

〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
Perfect Communication
詳細はこちら>>>> http://pafc.seesaa.net/

____________________



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。