大学職員が様々なカラーを持つ学生キャラクターと未知との遭遇した観察日記








孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】

2012年10月11日

害がなければ相手の行動を変えようとしない

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



自分にとって、相手のしていることが気に入らないと
その相手に対してしていることを止めさせようとしたり
改めようと考えたりしてしまいます。



その理由は
相手が気に入らないことをしていれば


それを止めるのは相手の義務であるから
相手が自らそれを止めなければならない
と思い込んでいるからなんですね。



たとえば、隣でガムを噛んでいる人がいれば
あなたはその音を不快に感じて



ガムを噛むことを止めて欲しいと伝えれば
その相手は、ガムを噛むことを止めるハズだ。
と思い込んでいるということです。



それで、そう思ってあなたの思いを
相手に伝えた場合はどうなるでしょうか?



相手はあなたに謝って
ガムを噛み続けるのを止めるかもしれませんが



逆にあなたの言葉に反発して、
ガムを噛み続けるかもしれません。



これって結構、難しい考え方になるのですが
自分が自分の行動を変えるのが難しいように



相手も自分の行動を変えるのは
とても難しいということです。



だから
相手の行動が自分になんらかの害を及ぼさないかぎり、
相手にその行動を改めるよう要求はしないようにすることです。



また、あなたが相手の行動を嫌がっている以上に
相手はあなたの行動を嫌がっているかもしれません。



もし相手があなたに行動を改めるように
要求してこなかったとしたら
それは相手があなたより忍耐力があったのでしょう。



お互いに相手の特定の行動が気に入らなくても
いつでも妥協することができるという
寛容な心を自分は持っている。と思うことです。



相手の行動が気に入らなくても
改めさせるのは難しいんです。



その行動が、あなたにとって害がないかぎり
相手を変えようとするべきではありません。



最後まで読んでくれてありがとうございます♪


Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
⇒ http://hiroori.up.seesaa.net/akaiwa/akaiwa.html


2012年10月09日

人それぞれの世界観があります。

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



育ってきた環境は、人それぞれ違います。



それぞれ育ってきた環境が違いますから
各々自分の世界観というものを持ってるはずです。



その自分の世界観というのは
実はみんな子どもの頃に構築されてしまっているんですね。



子どもの頃に構築された世界観の中では
周りの人々はあなたにとって
とても重要な役割を演じていて



その中から行動の仕方や対人関係を
学んでいくことになります。



自分で学んだ世界観というのは
どこまでもくっついて離れません。



でも、年月を重ねることで
あなたと違った環境で育った人たちと
交わることが多くなり



たくさんの様々な経験をして
自分の世界観を広げてきたことと思います。



人の行動というのは
育った環境で多種多様だから
他の人たちは、あなたと違うわけです。



異なる環境で育ち
異なる教育を受け
まったく異なる価値観を持っているかもしれない



そういうことを認識する必要があります。



だからもし、相手があなたにとって
想定外の行動をとったとしても



育ってきた環境が違うということを理解したうえで
他人に対して心を開き、寛容になることが大事なんです。



最後まで読んでくれてありがとうございます♪


Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
⇒ http://hiroori.up.seesaa.net/akaiwa/akaiwa.html


posted at 18:50
Comment(0)
カテゴリー:メンタル・マインド
エントリー:人それぞれの世界観があります。
2012年10月08日

自分をもっとオープンにしてみる

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



本当の自分というものをさらけ出した方が
相手も気兼ねなく付き合うことができます。



例えば自分のコンプレックスなどを隠していると
萎縮してしまい、怯えるように偽りの自分しか
見せることができなくなってしまいます。



人の輪の中に入っていきたい
友人として付き合いたいと考えるなら



ガラス張りのように自分をさらけだして
オープンにした方がいいです。



例えば初対面の人に会ったら
できるだけ5分以内に
自分の事をさらけ出せばいいと
書いてあった本もありました。



今まで隠し事をして悶々としていたけど
自分をさらけ出すことで精神的にリラックスし
堂々と相手と向き合うことができるようになります。



内藤 誼人さんの著書
「なぜ、島田紳助は、人の心をつかむのが上手いのか」
という本に書かれてあったことですが



イリノイ大学のルース・クラーク博士という人は
初対面の男女をペアにさせて
8分間自由な会話をさせたそうです。



その会話の内容を分析してみたところ
オープンに自分を語る人ほど



男性であれ、女性であれ
相手に魅力的と評価されるということが
わかったそうです。



自分のことを「あけっぴろげ」に語るのは
相手に好かれる効果的なテクニックなんですね。




最後まで読んでくれてありがとうございます♪



心理学博士&カウンセラー古宮昇が教える!なぜあの人は誰からも好かれるのか
⇒ http://hiroori.up.seesaa.net/hitosu11/hitosu11.html


Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜
⇒ http://hiroori.up.seesaa.net/akaiwa/akaiwa.html




2012年10月05日

相手の気持ちを理解することです。

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



良好な人間関係を維持するには
相手の気持ちをよく理解することです。



相手の気持ちを理解する。
要するに相手に共感するということですね。



相手の発した言葉や行動に対して
喜んだり、悲しんだり、感動したり



相手に対して共感できるようになれば
気配りを示すこともできるし
やさしい配慮をすることもできます。



このような人は
誰とでも気持ちよく付き合えるので
良好な人間関係を維持できているんですね^^



一方、空気が全く読めなくて
他人の気持ちを分かろうとしない人は
良好な人間関係を維持することができません。



ほとんど無感動で無表情。



相手の言葉や行動に対して
冷めた態度を示しているため
相手はどんどん離れていきます。



他人の気持ちを配慮することができないから
相手との関係も気まずくなり
そのため人間関係が破綻してしまいます。



そんなことを繰り返しているうちに
周りから人がいなくなり



結局、仕事などに影響して
つまらない人生を送ることになってしまいます。



でも、そのような人でも本当は
人と楽しく付き合っていきたいと思っているんです。



人とうまく付き合う術がわからないため
心の中では「どうすればいいんだろう?」と
悩んでいるんです。



ただそれを悟られないようにするため
無表情でいるわけです。
正直、損な生き方だと思います。



でも、そのような人の心を理解して
手を差し伸べてあげることも
あなたの第一歩になるかもしれませんね^^



最後まで読んでくれてありがとうございます♪


2012年10月04日

他人はあなたと同じルールで生きていません。

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ




子どもの頃って
友だちと仲良くしなさい。と
よく言われてきました。



これって、子どものころに学ぶことができる
大切なことのひとつで
他人とのコミュニケーションスキルですね。



具体的に書きますと
正直、公平、礼儀、協力、調和、マナー、親切といった
数々の素晴らしい資質を身につけることです。



これらのことを
子どものころに親や学校の先生から
学んできたと思います。



でも、あなた以外の人たちが
あなたが学んできた同じルールを
子どもの頃に学んだとは限りません。



あなたにとっては正しいと思えることでも
他の人にとっては間違っていると思えるかもしれないし
その逆もあり得ますよね。



世の中の人々やあなたの周りにいる人も
皆、誰もがあなたと同じルールに従って生きている
と想定してしまうと



とても重大な問題になっていくという
危険性があります。



それは、あなたの周りの人が
なにか受け入れられないような行動をしたとしても
その相手の人にとっては
普通のことかもしれないんですね。



また自分なら絶対にしない行動だからといって
あなたの周りの人たちも同じように感じるはず!
と思ってもいけないんですね。



要するに
他の人たちがあなたの期待通りに行動するとは限らない
という事実を認識しなければなりません。



誰もがあなたと同じルールに従って生きているなら
人生はものすごく快適に過ごすことができるでしょう。



でも、当たり前のような気がしますが
この世の中では、そういうことは
まずあり得ませんよね。



人間という多様性である生き物を考えていくと
他の人たちの行動に対して



あなたのとるべき最も賢明な態度は
心を開いて予想外のことに備えることです。



あなたの行動規範は
他の人たちには何の意味もないんです。



あなた以外の人たちは自分の行動規範に従って
行動するだけです。



自分の期待通りには
他の人たちが行動するとは限らない
ということを理解しなければなりません。





最後まで読んでくれてありがとうございます♪

2012年10月03日

自分をさらけ出すのも1つの方法です。

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



仕事やプライベートで
「この人に好かれたい」
「この人とお知り合いになりたい」



そんな想いになったときの
コミュニケーションの方法の一つとして



自分の弱さや情けないところを
相手にさらけ出してみるということがあります。



これは相手に対して
親愛の情を抱いていなければできませんが



あまり強そうなところを見せるより
逆に自分の弱さをさらけ出した方が
相手に好ましく評価されます。



周りの人からけっこう好かれる人は
自分の弱いところをさらけ出して
甘えるのが上手なんですね。



人に馴染んでもらい
心を開いてもらうためには
まず、自分の情けないところを
見せつけなければいけません。



要するに「裸の付き合い」みたいなものですね^^



あなたを自己開示して身近に感じていると
アピールすることです。
⇒ http://hiroori.up.seesaa.net/hitosu11/hitosu11.html



でも、誰かれ甘えてしまうのは
単に情けない奴と思われてしまうので
キケンです。


気をつけましょう♪



最後まで読んでくれてありがとうございます♪
2012年10月01日

好意というのは一方通行ではないです。

応援して頂ければ嬉しいです♪


人気ブログランキングへ



人間関係が苦手な人って
なかなか自分から
人を好きになることはありませんよね?



相手との上手く付き合う術を知らないばかりに
逆に憎しみや僻みに心が支配されて



「どうせ、自分なんて・・・」
「自分は嫌われてるから」
と自ら関わり合いを持たないようにしています。



でも、これではいつになっても
人間関係を克服できないですよね。



人と人が友人になったり
恋人になるというのは



当たり前ですが
その人に対して好意があるからです。



好意があるから相手から好かれる
相手に好かれるから好意を持つようになる



このように、人に好きなってもらうには
自分の方が先に相手を好きになってあげることです。



相手に好意を持っているということを示せば
誰でも悪い気はしません。



自分の方から
どんどん相手を好きになってあげることが
相手からも自分を好きになってもらうことができる秘訣です♪
⇒ http://hiroori.up.seesaa.net/hitosu11/hitosu11.html



好意というものは、一方通行ではありません。



人を愛さなければ愛されません。



人から好かれて友人や仲間ができ
また恋人までできれば
やる気も出てくるというものです♪
⇒ http://hiroori.up.seesaa.net/hitosu11/hitosu11.html




最後まで読んでくれてありがとうございます♪


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。